脱SNS!脱LINE!LINEやSNSをやめて自由になった話。【人間関係整理】

シェアする

みなさん。こんにちは。今回は脱SNS、LINEをやめるという話。突き詰めると「人間関係を整理する」ということについて。

おそらくみなさんのスマホの中には「LINE」をはじめとしたメッセージアプリや「Instagram」「Facebook」等のSNSアプリが入っていると思います。僕がこれらをやめて、人間関係をバッサリ切って、ある種やりたいことを初められた。ということを話したいと思います。

スポンサーリンク
スポンサー1

その人間は本当にあなたのためになりますか?

自分の交流の中に本当に人生において必要な人は何人いますか

人間関係は人生において重要だ。だが、やみくもに多ければ良いものでもない。今、あなたのLINEに何人の友人がいるでしょうか。数十人?何百人?俺の場合は290人だった。その中で年に1度は連絡をとる人は何人いるでしょうか。俺の場合はふと思いつくだけで十人程度だった。5%以下の人間しか俺から連絡をとる気のあるやつはいなかった。そんなもんです。そして次章につながりますが、俺は10人前後(家族、会社含む)の人間のLINEだけ必要であとは放置することにした。わけのわからないグループラインも片っ端から消した。(友達をやめたりブロックしたりすると色々面倒な気がしたので、俺は大人の対応をしたと思う。本当だったらブロック即友やめしたかった。)

「本当の」友達は多分片手で収まる程度しかいないと気がつかされる

初めに断っておくと、俺は精神的に疾患を抱えており、薬漬けで制約のある状態で、調子を悪くしたり、よくしたりしながら生活を営んでいる。医者からは手帳や生活保護の話が飛び出るレベルで状態は悪いが、会社の評価は休職してしまったりした時を除けば良く、収入だって都内のサラリーマン平均よりも良い。そして俺はこの病気のことを1人の友人にしか話していない。

こんな状況で生活はしているがいつも調子が安定せず生活が破綻するときもある(サラリーマンなのにね)、9-18時をデスクで毎日過ごす「サラリーマン」的安定職に向いていない、といつも思っている。そしてそれを改善すべく在宅や時間に囚われない働き方やそういった職業を目指すべく今は様々な事に投資し、学んでいる。決してマルチとかではないので悪しからず笑

だが、しかし。これを何も知らない友人に、理解して欲しくて話したところ、周りの友達を巻き込んで非難轟々だった。俺をあざ笑うやつ、サラリーマンをバカにするなと逆上するやつ、便乗して怒鳴っているだけのやつ。俺も悪かった点は多々あるが、大人の話し合いの結果は俺の顔のコブと腫れ上がった拳が示している。

そして俺は気がついた。友達だって、なんでも自分を理解してくれるわけじゃない。

人生約30年での大きな発見だった。そしてそういう「友達」の最悪なところは理解を示さないだけではなく、自分がやりたい事への挑戦や生き方を変えようとしていることをナチュラルに邪魔してくることだ。

別に友達が悪いと言っているわけではない。ただ友達は「良心」から何か新しい試みやライフスタイルの変化には大概否定的だ。そしてそれはあなたの新たな試みを阻害する。だから、友人はほんの数人、自分をさらけ出しても受け入れてくれる人を残してあとは切り捨ててしまうべきだ。

SNSは時間と心の消費。なくていい。

そしてSNS。最近では好きなミュージシャンやアーティスト等もSNSでの告知が多くなり「情報収集ツール」としてある意味欠かせないものになりました。ですがそこに存在する「友人」は本当に必要ですか。くだらない食べ物の投稿、毎日暇なんだろうなと思う程の育児アピール、バカくさい意識高い系アピール、etcあなたにとって有用な情報を提供してくれていますか。ただの他人の自慢の垂れ流しなんて見てもなんの役にも立ちません。そして自分自身。何かちょっとしたことをSNSであげて「いいね!」がどうの、「コメント」がどうの…そんなどうでも良いことに一喜一憂してはいませんか。

いいたいことは一つ。「SNS」は8割無駄。時間も心も消費されます。自分が何かを発信するアーティストでもない限り不要です。むしろ自分がアーティストの立場でも個人のアカウントは持たず俺は人に任せてしまうだろう。(ライブ中の写真送られてきて一々それをアップするなんて面倒だしね。)

だからSNSを消す!というのが俺のやったことだが、マイナーなアーティストさんとかだとSNSでの情報が主流の場合もあるので、やるとしたら「友人を切れ」です。SNSは情報収集に徹してくだらない「いいね」の馴れ合いからは脱却することをオススメします。

スマホを捨てよ町へ出よう

ここまで書いてきたように俺は280人程の色んな友人知人の馴れ合いを捨てた。その結果、何が起こったか。なんと新たな人との出会いがあり、興味のあった音楽業界に触れる機会を得て、職業選択の自由も、バックパッカー生活も許可されるようになった!

友人を捨てて友人を作る、というのは馬鹿げていると思うかもしれないが、俺は今までの学校だの社会だのの枠組みを一回捨てたことで新たな枠組みの友人ができるようになった。一人でダーツをしていてプロの方と仲良くなり、ダーツがアマチュアではかなり上(Rt12くらい)までのレベルへぐんぐん成長し、一時はプロを目指すと息巻いたこともあった。

その後ではこれまたプロのミュージシャンの方と出会い、レッスンを毎月受けながらバンド活動やセッション活動を積極的にこなす事も可能になった。音楽理論的な事も身につき楽曲制作活動にも大いに役立っている。

他にも自営業の方、海外バックパッカーで数年回っていた方など、「サラリーマン」としての生き方しか知らなかった自分に様々な視点を与えてくれる多くの人々に出会い、自分の価値観は変わった。そしてそれは予期せぬところで効果が波及し、今では妻から「会社辞めて1年くらいバックパッカーでもしたら」と言われながら、「それも楽しいかもな」と笑っている自分がいる。

スマホでの出会いはイイとこ男女の出会いを求めるのが関の山だ。旧来の友人は捨てよ、多くは馴れ合いやしがらみの塊だ。あなたは「それは違う」と主張できる場所へ移住するのだ。SNSは捨てよ、あなたが本音を投稿してそれを心から祝福して、「いいね!」なんかでなく直接話を聞いて理解してくれる友人はそこにはいない。町へ出よう、友人知人のしがらみやSNSの通知を気にしなくなったあなたはどこへでもいける。そして色々と今まで付き合っていた人種とは別の人たちと出会う事になるだろう。それはあなたに新たな視点を与えてくれる。

結論、俺は友達を捨てて、SNSを捨てて、新たな価値観に触れたおかげで苦しい人生が少しだけ楽になった気がした。友人は大切だ、でも自分の価値観を固定させるような奴は友人でない方がいい。皆様の新たなる船出に祝福を。

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする