初めての女装に必要な道具、化粧品一覧!

シェアする

なんで突然こんなブログを書いたかというとちょっとしたイベントで女装する機会があったのでガッツリ本気女装してみました笑

ただ、僕もそうですが、いきなり「女装するぞ!」となっても何をどれだけ用意して良いのやら…

そんな疑問にぶつかると思います。

そこで今回は、女装に必要な道具を僕の利用しているものを紹介する形で、お伝えしていきたいと思います!ハロウィンやらコスプレやら出し物やら趣味やらでお役に立てたら幸いです♪

ちなみにワシ↓笑 クオリティには突っ込まないでください。笑

スポンサーリンク
スポンサー1

初めての女装に必要な道具一覧!

まずは一式。結構な量があるのですがなくても良いものには、(なくてもOK)と記載いたします。紹介順は僕のメイク順に沿って紹介していきます。

0.洗顔フォーム&髭剃り


メイクのりを良くするために皮脂を洗浄します。これはどんな洗顔フォームでも構いません。髭剃りも同様ですが、しっかり剃り残しの無いよう深ぞりしていきましょう。この時首下など剃り残しがちな部分も忘れず丁寧に剃りましょう。ただ、ムキになってやりすぎると肌を炒めますので注意!今お使いの物があればもちろんそれでOK!

1.化粧水&乳液


僕の持っているものの新しいデザインです。化粧のりを良くするためにお肌を化粧水と乳液で丁寧に保湿します。あまり強くこすったり叩いたりしないように注意!もちろん今お使いのものや、ドラッグストア等で自分に合うものを買えばOKです。

2.BBクリーム

ここからいよいよメイク!まずは下地&コンシーラー&ファンデーションとして使えるBBクリームを、おでこ、鼻、頬、顎、首に手で塗って伸ばしていきます。BBクリームだけでもファンデーション等の効果はあるので、こだわりのない方はBBクリームと下記のコンシーラーのみで肌の化粧は済ませてもOKかもしれません。

各社BBクリームが存在しておりますが、ミシャさんのBBクリームが評価もよかったのでこちらを利用しております。肌色ですが、通常のメイクの場合自分の肌にあった色を選ばないと顔だけ白くて浮いてしまいますが、色白の方が可愛い気がするので僕は地肌より1−2トーン明るい色を選択しています。肌の色は長袖とタイツでカバー笑。腕とか足とか出したい方は地肌に近い色を選ぶ方が良いと思います。

3.スティックコンシーラー

コンシーラーはスティックタイプのものがカバー力高くて良いと思います。コンシーラーとはファンデーションより一段厚い化粧品で、シミやそばかすなどを隠してくれる優れもの。特に僕含めた男性諸君はおヒゲの剃りあとを隠すために必須なアイテムです。そのままヒゲのところに塗るか、指にとってヒゲ跡の上に載せていきましょう。ヒゲ跡にはピンクやオレンジのリップやチークを少し混ぜてあげるとより効果的にヒゲ跡を隠せます!

4.リキッドファンデーション

BBクリームで十分!という方には不要ですが僕はさらに肌色調整も兼ねてファンデーションを塗っています。KATEのリキッドファンデーションは割と塗りやすくて使いやすいです。BBクリーム同様、おでこ、鼻、頬、顎、首に少しづつつけて伸ばして塗っていきます。最後に、メイク用スポンジ(100円ショップに売ってます)を利用して肌にムラが無いように整えていきます。

5.(なくてもOK)シェーディングパウダー

顔のエラ部分が角張っていたりするとカワイく見えないので、エラ部分に「影」をつけてあげます。上記のシェーディング用パウダーを用いるか1-2トーン暗めのファンデーションで影をつけてあげましょう。特にショートな髪型にする場合、エラ部分を髪で隠せないので使うとより効果的です。

6.フィニッシュパウダー

肌の化粧の仕上げに塗るパウダーです。同じキャンメイクさんのフィニッシュパウダーでもマットのものもありますが僕はこちらを利用しております。付属のパフか筆で顔全体になじませていきます。

7.アイブロウペンシル

お肌の次は眉を書いていきます。その前に眉毛がボサボサの方はきちんと整えるようにしましょう。

眉毛の間を埋めていくように書いていき、眉頭は目頭よりやや眉間寄り、眉尻は小鼻の脇と目尻を結んだライン上にあると綺麗です。眉山は眉全体の1/3くらい(眉頭から2/3あたり)にくるのが自然です。

8.アイプチ

もともとぱっちり綺麗な二重の方には不要です。一重や奥二重の方は是非。僕自身、奥二重ですがこれで綺麗にパッチリ二重を作れました!特に二重にしない場合も不要です。本来、アイメイクまで完成した後にアイプチを行う方が、

①アイプチ自身を弄らないためアイプチが長持ちする
②アイメイクの粉が二重にたまったりしないため、化粧が綺麗になる

等の理由でアイメイク後のアイプチが良しとされるようですが、僕の場合アイメイクの際に二重幅がわからなくなることや、失敗した場合全部やり直しになるリスクも考えて一番最初か、ファンデーション塗り終わった後に行うようにしています。

付属のスティックで二重を作り、その二重のラインに沿ってアイプチのりを塗っていきます。ABのアイプチは塗りやすく固定力もありました。

9.(なくてもOK)ダブルライン

二重を黒い線でなぞってより一層二重を際立たせるアイテムです。写真を撮りたい場合や通常の室内照明の場合ある程度バッチリメイクしてしまった方がカワイク、そして素の自分を消せるように思います。やりすぎて明るい照明のところに行くと「明らかに女装やん!」となりそうなきもしますが、ダブルラインくらいなら大丈夫です。たぶん笑。

10.アイシャドウ

アイシャドウを塗っていきます。僕の場合は薄いベージュをまぶたのアイホール全体(目の窪み)に塗っていき、濃いブラウンを二重幅に塗っていきます。

11.アイライナー

アイライナーを塗っていきます。ペンシルタイプが塗りやすいそうですが、筆のタイプのもので初心者の僕でも行けました!

アイライナーはまつげの間を埋めるように塗っていきます。目尻部分はそのまま目尻に沿って下ろすとややたれ目で丸みのある目になり、目尻を少し跳ね上げるとちょっとつり目のようになります。下側は下まつげの間を埋めるようにして黒目にややかかるくらい、目の1/3くらいまで塗ってあげます。この際、まぶたの黒目部分のアイラインを少し幅広に濃くしてあげると黒目が大きく見えます。

12.ビューラー

まつげを挟んであげて、自まつ毛を上向きにしてあげます。力の入れすぎに注意。軽くドライヤーで温めてあげるとより一層まつげがカールしやすくなります。

13.つけまつげ&のり


つけるタイプの魔法です笑

つけまつげを台紙から外す時は一部の毛先や根元を掴んで引っ張るのではなく指の腹で持って、無理な力をかけないように気をつけましょう。つけまが壊れます。

台紙から外したら自まつげのほんの少し上に置くように軽く曲げて形を作ってあげると後々つけやすいです。

根元部分にのりを塗ってあげて、乳白色の糊が透明になるまで乾かしましょう。乾いたら右目は右手で持って、左目は左手で持って、そっと合わせてあげるとつけやすいです。

ここまでくるとだいぶ印象が変わっているハズ笑

14.(なくてもOK)マスカラ

マスカラはつけまつげにはあまり塗らない方がいい(痛む)と何かで読んだので僕は自まつ毛に塗っています。なくてもつけまはカールしてるし、綺麗に束になっているので問題ないと思います。

15.チーク

頬を朱に染めるチークでございます。頬骨のやや高い位置に円を描くように塗ってあげます。あら素敵。

16.リップ

唇に軽くコンシーラーを塗ったり、唇が厚い人は輪郭をコンシーラーで隠したりするとよりよくリップが塗れます。

僕の場合唇の端が血色悪くて紫なのでそこにコンシーラーを軽く塗った上でリップをブラシで塗っていきます。

17.ウィッグ

これはお好みで好きなものを選びましょう!一つ注意点として肩幅が目立つ服装の場合ストレートロングな髪型だと肩幅が目立ってしまいます。ウィッグをかぶる際に眉間とエラ部分と頬骨の横は特に男性的に見えやすい部分なのでここを隠せるウィッグだとより女性的な女装になるのかなと思います。

18.(なくてもOK)ブラシとスポンジ


最後にメイク道具。ブラシは本来ならパウダーファンデーションやコンシーラーを塗るときに利用すると仕上がりが綺麗になったり、アイシャドウ塗ったりリップ塗ったりと必要ですが、化粧品に付属してくるパフ等でやってしまえば問題ないです。僕もリップ以外あまり使いませんでした。

スポンジは100円ショップで買えるので是非買ってください。肌の仕上げに使うとムラなく綺麗になりますよ!

コンプリート!

いやー、たくさんありますね笑 自分自身こんなに揃えたのがビックリです笑 BBクリームだけでファンデーション等を使わなければさらに物量は減らせそうです。

これだけ揃えた結果がこれ↓笑 クオリティ笑

いいやら悪いやら。笑 というか1回の為にここまで買ってしまったけど…今後も自室で化粧して練習してみようかな笑 で、何かイベント事の際にネタとして使えれば…笑 もしくはメイクしてスケボーするか単車乗るかVAPEショップに行くか…いずれも職質100%コースですね笑

イベントのための皆さんもこれから女装を始めたい方も参考になれば幸いです!みんなが可愛くなりますように!笑

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする