メルカリ、ミンネ、ヤフオク…「撮影 ブース」を200円で自作してみた!

シェアする

最近、様々なフリマ、オークションサイトを見て色々欲しくなるのですが、ふと、「商品の撮り方綺麗だなあ」と感じることがありました。

僕も出品することはあるのですが、基本はテーブルの上でiPhoneか一眼で角度を変えて撮ってるだけ…どうすればあんなに綺麗に撮影できるのだろう?と思い検索すると、「撮影BOXキット」なるものが存在することを知る。

ピンキリだけど、1千円台から1万近いものまで。ある。正直この1000円ちょっとのを買ってしまっても良かったのですが、300円くらいで作れそうな気がしたので、実際やってみました笑

スポンサーリンク
スポンサー1

撮影ブースを300円くらいで適当に作る。

100円で揃えるもの

まずは、ぶらりと100円ショップへ立ち寄り、半透明のBOXと布切れを買ってきました。200円で済みました笑

で、このBOXの幅に布を合わせて、背面から手前まで布で覆われるように両面テープとかガムテープで止めて、とりあえず撮影BOXの完成!笑

で、ご自宅にある懐中電灯をライティング用に用意します

100円ショップでも買えますが、AMAZONの安い中華製のLEDライトがあると割とオススメです。車並みに明るく、これで近所を夜散歩したら眩しがられること必至。キャンプ行った時も誰より明るかったです笑

上から照らすとこんな感じになりました。

そして実際に商品(今回は家に置いてあるハーレーの模型を置きました。)を置いて、ライティング。なんかちょっと暗そうですが、写真を実際に撮ってみます。

で、iPhoneで撮った結果がこちら。

おまけで一眼で撮った写真がこちら。
IMGP3717IMGP3714

うーん。僕の写真の腕もあるのでしょうけれども、布とライティングが頂けない。

というわけで、反省点ですが…

  • 箱は半透明にしたけど白い箱で外から照らすのもよかったかも…
  • 布は生地感の目立たない方がよかった。
  • ライトは2個以上欲しい(100円のLEDライト+iPhone。とかでも)
  • 細かなアクセサリー等ではマクロ撮影ができるカメラで撮った方がいい。

ということに今回作ってみて気がつきました。うーん、ここまで用意するなら日々出品するような方ならAMAZONのやつ買った方が満足されるかもしれませんね笑

とはいうものの、自宅に懐中電灯やライトがすでに複数あったり(もしくは100円で買って)、生地感の目立たない布があったり、余ったBOXがあったりすれば、足りないものを1,2つ100円で買ってくるだけで、床や机、テーブルクロスの上で、撮ったら部屋の電灯で影ができてしまうようなちょっと残念な商品画像でなく、きちんと明るい中で、色も発色させて撮影することができるので、ガチで商品販売する人はともかく、

「趣味でちょっと出品するくらいで撮影ブースを買うのはちょっと…」
「そんな何度も出品するわけじゃないからわざわざ撮影ブースなんていらない!」

という方も、箱と布とライトを用意すれば上記の通り、机の上で撮ったものよりも綺麗に撮れるかもしれません。

さて、いかがでしょう。僕自身がカメラの腕が悪いことと、布やライトの選択を間違ったことでなんだかちょっとあれな撮影ブースになってしまいましたが、次は布を変えて再チャレンジしてみます笑

いやー最近VAPE記事ばかりで、やっと別のこと書いたと思ったら「撮影ブース」の話題とは…以前のバイクブログはどこへ行ったことやら。笑

皆さんの綺麗な写真の撮り方の参考になれば幸いです♪

では,Godspeed you!