04-06 スポーツスターのキー&コイルを移設してみた。

シェアする

最近はVAPEにハマりすぎてそっちばかりだったので、久々にバイクでもイジるか!ということで、コイル&キーシリンダーの移設をしてみました♪

コイルとキーシリンダーがなくなるだけでネック部分がすっきりしてチョッパー感を増すにはマストなカスタム。

…なんだけれども、移設場所をバッテリー前かシリンダー横(チョークのところ)にしようか悩んでずっとやらずじまい。でしたが、MotorRockさんの移設キットが比較的安価だったので思い切ってやっちゃいました。笑

Motor Rockさんのキットはプラグコード含め純正部品の流用で移設できるので簡単&安くて良いです。

前準備:バッテリーを外す。

電装系をやる場合、は基本的にバッテリーを外すようにしています。以前テールを交換した際に、ショートさせてヒューズ飛んだ経験があるので…ヒューズでよかった。

まずはカバーを外して、かなり面倒ですが、奥側の-から外していきましょう。安全第一。

マイナスだけ外してもよかったのですが邪魔になりそうなのでバッテリーぶっこぬきました。

コイルとキーシリンダーを外す

それでは本題のコイルに入っていきます。

コイル自体はフロントネック部分に止められた、金具にぶら下がるようについております。

コイルを下から見るとこんな感じ。六角のボルト二本で止まってます。コイルから外しても、十分工具が入るスペースはありますが、どうせステーも要らないので、ステーから外していきます。

ステーはインチ工具の六角で簡単に外れます。

通しで相手側のナットと止まっています。

ステーが外れて自由度が高くなったら、キーシリンダーも六角で外します。一本で固定されてるとは…

キーシリンダーのネジには菊座金がついているので、無くさないようにしましょう。

ステーが取れました。

ステーが取れてたら、今度はコイル自体を取り外します。ステーが外れているので作業は楽チン。

で、コイルもキーシリンダーも外れたのでステーは不要です。戻す予定のある方は無くさないように…

次にキーシリンダーを移設ステーに移植するために分解?します。

フューズナットという部分を外します。

布(ショップタオルでやってしまったけど…)で傷つかないようにして、プライヤーで左に回し外します。

抜けたらこんな感じです。

プラスチックのイグニッションのカバーも外し…

移設ステーに差し込み、先ほど外したフュースナットで固定します。(とりあえず仮付です。)

イジり具合にもよりますが、キーシリンダーやコイルの配線がネック付近で固定されている場合は外します。タイラップや配線を束ねた被覆を切ってしまいます。

これで、どうにかコイルもキーシリンダーも前後シリンダーの位置に収まるようになりました。ネック部分の配線もちょっと少なくなってさらにスッキリ!

移設ステーを取り付け、コイルとキーシリンダーを移設する

チョークブラケットを外し、代わりに移設ステーをリプレイスします。

チョークブラケットを外しました。

そして、ステーにキーシリンダー、コイルを取り付け、チョークも差し込みます。基本純正から外した部品を使っての取り付けなので、外したネジ等は無くさないようにしましょう。

こんな感じになるのかーと期待が膨らみます笑

コイルの配線がフロントネック側から持ってきているため、コネクターが届かないです。もし、届いたとしても、見栄えも悪く、急激に配線を曲げるのもよくないので、配線をスッキリさせます。

そして、04-06のタンクカスタムの泣き所。AMP端子のコネクターや配線をまとめているタンク下の「弁当箱」みたいなものを外します。フロント側にスライドさせるだけで取れます。

ここから、キーシリンダーやコイル関係の配線を選別し、綺麗にまとめます。この部分を外して、コネクターも外し、配線を直結(ギボシやハンダで)させてスッキリさせるのが理想形かもしれませんが、手間なのでこの部分は残して、配線をうまく束ねるようにしました。

余談ですが、ワンオフでタンク等のカスタムをしてもらうとタンクの下に隠したり、とても見栄え良く仕上げてもらえます。僕のタンクは中古で買ってステーを溶接しただけなので…まあ、DIYの味ってことで笑

そして、配線を「弁当箱」から取り出し、無事にコイルへの配線がまっすぐ届きます。配線の処理はできる限りフレームに沿うようにして黒のタイラップで止めて目立たないようにしました。

これで、さして取り付け完了!各部ネジの締め忘れがないように確認して、適当に乗った後、緩みがないか&増し締めしましょう。

仕上げ:バッテリーを戻す。

外したバッテリーを取り付けます。マイナスから止めて行き、元に戻します。うまく締められずシートまで外してしまいました笑。
余談ですが、Twintecモジュールつけました。04-06のスポーツスターの方はキャブとか吸排気系いじるより点火タイミングを先にいじった方が格段に乗りやすく早くなります。出だしのモタつきがなくなるだけで費用対効果抜群です。で、それに合わせてキャブのセッティングを出しましょう。

そして完成系がこちら。ちょっと配線やアクセルワイヤーが目に入りますが、純正と比べるとスッキリ感がすごい!こんな簡単ならもっと早くやればよかった!難点を強いて挙げるならば、プラグコードが若干長い??気がする。まあそこまで気にならんし、変えようと思えば変えられるからね!

というわけで、04-06のスポーツスター(僕のは883Rモデル)のコイル移設について記載しました!04-06のラバーマウントはフレームが大きくなった事や、そもそも台数も少ない(他の年式に比べ3年間しか作ってない)こともあってか特に外装系のカスタムをするのに、苦労する場面もあると思います。そんな中でコイル移設は簡単にできて印象も変わって、割と安価。という中々オススメなカスタム箇所です。

Motor Rockさんもオススメですが、キーシリンダー移設キット別売りなのがネックですがDKcustomさんもかっこいいです。キーシリンダーがバッテリーの前に来るってのも配線短くて済むしカッコイイなあと、個人的には思ってます。

皆さんもぜひcoolなsportster Lifeを送れますように!少しでも参考になれば幸いです!

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1