意外と大変?スポーツスターの簡単レバー交換方法!

シェアする

レバー交換。特にハーレー純正は大きくて重いので、スリムレバーに交換される方もチラホラといるようで、決してマイナーなカスタムではないようです。操作性や見た目を変えられる割に、なんとなく簡単にできそうな感じがしますよね。

実は先日雨上がりの低速コーナーで後輪がズルッと行ってしまって…バイクはほぼ無傷だったけどクラッチ側のレバーが少しひん曲がったのでこの際なので、キジマのスリムレバーに交換しました。色も黒がよかったし。笑 あと、濡れた路面に硬めのサスは危険ですよ笑

で、「意外と大変」と題した通り、たかがレバー交換ですが、真面目なやり方するとプライマリーを開けての作業になるので結構大変です。

そんな訳でちょっと横着したプライマリーを開けずに楽にレバーを交換する方法で今回はやっていきます。

スポンサーリンク
スポンサー1

意外と大変?スポーツスターのレバー交換方法!

まずは大変なクラッチ側から。少し曲がっちゃったのよね…

まずは、ピンを固定しているCリングを外していきます。今回はAMAZONでも「ハーレー用?」と思わせるほど評価のよかったトラスコの製品を使いました。確かにこれにして正解でした笑

Cリングは柔らかいので無理に広げすぎるとガバガバになってしまうので注意!ガバガバになったらペンチ等で元に戻しましょう笑

無事に取れました。

リングが取れたら、ピンを下から押して抜いていきます。ピンは古いグリスで汚れているのでパークリやショップタオルを用意しておきましょう。

そしてここからが肝!クラッチワイヤーを限界まで緩めます。こんな限界まで緩めたら、本来この部分の遊びはプライマリー開けてアジャストボルトをいじってクラッチ調整が必要になりますが、正直めんどくさい…

という訳で、まずはフレーム左下にあるカバーをグイグイと外し(タイラップ等の固定が邪魔なら切ってしまいましょう。)むき出しにしてしまいます。

そして禁断の裏技。ナットの位置を覚えておこう作戦ノギスを使って上からと下からの両方、どの位置で固定されているのかをメモしておきましょう。

それが済んだら、クラッチワイヤーを完全に緩めてしまいます。元に戻りますように…笑

見事!クラッチワイヤーとレバーが外れました!

そしたらワイヤーを止めてるピンを抜いて完全にレバーが外れました。

これからブラックでスリムなレバーに交換しちゃいます。

その前に古いグリスがついているものはパーツクリーナーで全部キレイキレイしてしまいましょう。

汚れたグリスをおとし終わったら、キレイなシリコングリスを薄く塗ってあげます。

そして、逆の手順でレバーとワイヤーをピンで止めて、戻してあげます。

よし!レバーの取り付け完了!

ピンを挿入し、

リングプライヤーでリングを戻し、ピンを固定してやって完成!

と、その前に、クラッチの遊びを最初にメモした通りに戻して…0.1mm単位でやったから結構手間やな笑

戻したらカバーをかけて、これで本当に完成!ワイヤー類を束ねてるタイラップを切った方は、またタイラップで結んでおきましょう!

次はアクセル側こちらはクラッチワイヤーみたいなことがないので単純。

Cリングを外して、ピンを抜き、

そのままだと引っかかって外せない…

なので、マスター側をハンドルから緩めて外します。スイッチボックスも緩めました。

古いレバーが外れたら、ピン等をパーツクリーナーで清掃して、そして新しいレバーを突っ込みます。

レバーが無事収まったら、シリコングリスを薄く塗ったピンを挿入し、Cリングで固定して完了!緩めたスイッチボックス等はきちんと閉め直しましょう!

そんなこんなで完成!

30分とは言わないまでも1時間はかからない作業でした!これをプライマリのダービーカバー開けて、アジャストボルトを…なんてやっていたら結構時間と手間がかかってしまいますよね…本来はそうすべきなのかもしれないけど。

レバー交換とクラッチワイヤーの遊び調整ができたら、きちんとクラッチが機能しているか、ゆっくり近所を乗って見ることをオススメします。

いかがでしたでしょうか。一見簡単に見えるレバー交換ですが、実はクラッチの調整というワナが待ち受けているのです。今回の「測量調整法」はなかなか手抜きな方法ですが、このワナを回避しつつレバー交換が可能です。

「そんなハンパな調整した単車なんざ乗れるか!」という方はきちんとクラッチ調整を行いましょう。一番の正攻法です。

そして、もしクラッチが何かおかしいときには焦らず自分で調整しなおすかショップへ相談しましょう笑 少なくとも僕は問題なく乗れました。

皆さんも手にあったレバーを使ったり、曲がったレバーは交換してしまったり、きちんと操作しやすいレバーに交換して楽しいバイクライフを!

では、Godspeed you!