格安Bluetoothイヤホン 「Soundpeats Q12」が割とコスパ高い?

シェアする

先日、携帯がボロボロになったので紆余曲折あったけれども(極悪すぎる…携帯販売店で抱き合わせ詐欺に遭う。を参照ください…)無事にiPhone7にすることができました。

で、iPhone7はApple payだなんだと騒いでいますが、個人的に一番きになるのが、「イヤホン」です。

なんとiPhone7からはイヤホンジャックがなくなり、ライトニングケーブルにダサい変換端子を付けて、そこにイヤホンを刺すという…なんか嫌だ。でもApple純正のAirpodsは18000円と高め…僕は別に林檎教徒でもオーディオオタクでもないのでここまで出す気にはならない。ということでAMAZONで見つけたこいつを買ってみました。

スポンサーリンク
スポンサー1

格安Bluetoothイヤホン 「Soundpeats Q12」が割とコスパ高い?

使い勝手や作りは十分!

まずは届いたので開けてみます。外箱はまあ普通か、ややボロい笑

背面がマグネットでくっつくようになっています。イヤホン間のケーブルの長さは51cmで普通に書ける分にはどんなに首周りのごついラグビー部やレーサーの人でも問題ないと思います。

耳に装着する部分から飛び出てるものは耳の内側の軟骨に合わせる(引っ掛ける?)ものです。BOSEかどこかのスポーツイヤホンをモチーフにしたのでしょうか。

収納ケースは8*8cmの暑さ4cmのハードケースで中には大小サイズ調整のイヤーピースとクリップと耳の内側の軟骨にかけるやつの長さの異なる調整用のものが入ってます。

形状だったりプラスチックの素材感だったり若干の「安っぽさ」があります。まあ昨日次第ですね。

説明書は英語です。でも、そんなに難しいこと書いてないですし、このブログで使い方は書きます笑

充電から。コントロール部分側面にMicroUSBを刺すところがあるのでイン!赤いランプが点灯します。ゼロからだと1時間半でフルチャージらしい。

ついでにボタンの説明ですが、音量+と-,再生ボタン(Functionボタン)の三つしかないです。

なんと、3分で充電MAX! 最初から充電されていたようです。笑 充電完了で青ランプです。

電源を入れてペアリングも簡単でよく繋がる!

説明書をそのまま読むと、

  1. iPhone等の機器のBluetoothをONにして、別のスピーカー等のBluetoothを切れ
  2. イヤホン本体の電源を切り、(再生ボタン4秒押し)、その後再度、再生ボタンを8秒間押し続けるとペアリングモードになる。
  3. ペアリングする機械に近づけて接続しろ。

だいぶようやくですがこんな感じです。ちなみに電源のオンは3秒間再生ボタンを押し続けると入ります。そして、近くにペアリングしたiPhoneがあれば自動で接続されます。

iPhoneに反応したら「Q12」のデバイス名が。そして無事接続。

これでもう繋がってます。後は音楽を聴いたり、マイクもついてるのでこのまま電話もできます。電源を入れたり切ったり、ペアリングしたりすると、イヤホンから日本語で「電源をオンにします」とか声が聞こえます。

Q12の音質は…

ペアリングも無事済んだので音楽を試聴。家にあったイヤホンで聞き比べました。ちなみに僕はオーディオに関しては知識や技術がないです。「普通の凡人が聞き比べたらこうなった」と思っていただければ幸いです。

音楽は、

  • 大森靖子「非国民的ヒーロー」
  • Rancid「Radio」
  • Redfoo「Juicy Wiggle」
  • Ben Folds Five 「philosophy」

等々。他にもブラックサバスやBlankey jet cityも聞きましたが、完全に趣味の中で女性ボーカルやピアノ、ベースや低音の強い曲で試しました。
比較したイヤホンは

  1. Soundpeats Q12 2000円
  2. Apple純正 iPhone付属イヤホン 付属品
  3. audio-technica モニターヘッドホン ATH-M30 8000円
  4. Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones 16000円

です。結果は…

soudpeats Q12


低音が結構弱い。高音まで含めてなんか音が薄い?浅い?軽い?というような感じ。密閉性、遮音性はとても高いが、おそらくPhilipsやSONYの3000円イヤホンより格下。あと、タッチノイズみたいなのがたまに気になる。

Apple純正 iPhone付属イヤホン

低音は出ているが、解像度や高音はそこまで良くない。耳へのフィット感もカナル型に比べるとやや劣る。普通に使えるけど…

audio-technica モニターヘッドホン ATH-M30

比べる対象がちょっと違いますが…さすがモニターヘッドホンだけあって、非常にフラットでクリアです。MTR等でベース録音するときに使ってたけど、安くて助かります。経験上ほんのり低音が効いてるかも知れません。

Bose SoundTrue Ultra in-ear headphones

低音もなかなか出ていながら、女性ボーカルの声の輪郭もくっきりしてて、ピアノの高音も良い、細かい音も割と聞こえる。確かに高いイヤホンだわこれ!

と、まあ色々な価格帯のイヤホンで聞き比べましたが、Q12は正直純正イヤホンより音は良くないです…

余裕のある方や音にこだわりのある方はワンランク上のものを買ったほうが良いでしょう。僕は1月末に発売されるJBLの商品を買って試そうかと思います。ステマじゃないですが、やはり良いイヤホンと聴き比べると変えたくなります。JBLもまたレビュー記事書いてみます…

Q12で通話はできる?

通話は可能です。イヤホンつけたまま、再生ボタンを押してそのまま会話できます。ただ、一点注意なのがマフラー巻いてマスクしてそのまま通話したら声が聞こえないと言われたことがあります。マイクにぶつかってしまっていたのか、単純にマスクのせいなのか…

とまあ、ここまで書きましたがいかがでしょうか。

結論としては、別段音にこだわりのない人が使う分には十分満足できると思います。通勤通学、新幹線や飛行機の中で普通に使う分には満足です。というか飛行機の中でBluetoothイヤホンは使っていいのだろうか。今度聞いてみよう!笑

ただ、低音が弱い、音が薄っぺらい気がする、等々。オーディオにこだわりがある方、特に低音Loverな方はやめておいた方がいいです。もう少し、いいBluetoothイヤホンやヘッドホンを買うか、変換ケーブルを使って別のイヤホンを使いましょう。もう少し出せるなら、


等が割と良さげです。僕は1月のJBLを買ってみますが…

まあ、Bluetoothイヤホン自体はコードも邪魔にならずとてもいいものです。皆様が満足できるイヤホンに出会えますように。

それでは、Godspeed you!