電子タバコvapeが快適すぎる。もう紙巻とかアイコスとかいらない。

シェアする

電子タバコが快適すぎる。もう紙巻とかアイコスとかいらない。

現在の禁煙、嫌煙の流れで喫煙者の皆さまも肩身の狭い思いをしながらタバコを吸える場所を探してひっそりと紫煙を燻らせているのではないでしょうか。

そんな禁煙の流れもあって、昨今「iQOS(アイコス)」といった煙のない加熱式タバコが流行していますが、ヒートスティック本体は中々買えないし、結構臭いはする。さすがに家族や友人がいる部屋とか車で吸ったら怒られそう。

僕は昔は手巻きをしたりするほどの喫煙者でしたが、現在では飲み会等の時に少し吸う程度で普段はほとんど吸いません。

が、そんな中「リラクゼーション作用のある電子タバコ」というものを偶然見つけ、興味があったので試してみました。すると…

美味い、そして素晴らしい満足感!!!

意外としっくりくる吸い心地、タバコぽくはないが、ほどよくビタースウィートな紫煙(水蒸気だけど)、香りもタバコの臭さではなく甘い香りが漂う…まるでバリのホテルのプライベートラウンジでボケーっとくつろいでるようなイメージです。(画像参照)まったり。

もう、普通の紙巻タバコは買わなくていいやw iQOSもいらないw その代わり、リキッド2種類くらい追加しちゃいましたw

こんな素晴らしいものをなぜ今まで試さなかったのかと後悔するほど!

というわけで今回は「電子タバコ(Vape)」がおすすめな理由とオススメ機種について書いていきます!

スポンサーリンク
スポンサー1

電子タバコ,Vapeがオススメな4つの理由

1.匂いが気にならない

タバコで一番気になる「臭い」ですが、Vapeだとほとんど気になりません。非喫煙者の女の子の隣で吸ったところ、「なんか綿菓子っぽい匂い!」と言われたり、また別の女の子といる時に違うリキッドを吸っていたら「カフェの雰囲気の匂いがするねー」っていうくらい!一般的「タバコ臭さ」とは程遠いので臭いを気にせず楽しめます。リキッド(加熱する液体)のパッケージもおしゃれです♪ 

とはいうものの、飯食ってる隣で爆煙焚かれたら迷惑だと思うので、TPOはわきまえましょう笑

2.火を使わない、煙が出ない

火を使わないので火事の心配がなくなります。友人と話していて盛り上がったのが、運転時の喫煙が非常に安全になるということでした。喫煙者友人5人のうち2人が、タバコや灰を落として「シートやフロアマットを焼いた」「灰皿が炎上」等の火事の恐れがあるような出来事を経験していました。しかも鎮火のために甘い缶コーヒーをフロアマットにぶちまけたという…これは辛い。

その点、Vapeであれば「灰を落とす」「火を消す」「吸い殻を捨てる」という行為がなく、吸い終えたらシートやドリンクホルダーに置けばOK!アトマイザー(リキッドの入った吸い口部分)を漏れないものにしておけばより安心♪

そして、煙が出ないのでお家や車で吸っても、汚れになったり、匂いが落ちなかったりというトラブルもないので安心です♪賃貸マンションでも堂々と部屋の中で吸いましょう笑 でも、人の家で吸うときは吸ってもいいか、きちんと聞いた方がいいです。吸ってる最中は結構な香りはしますので。笑

3.パーツが豊富でコダワリを持てる

まず、初心者の私が僭越ながらVapeキットの簡単な部分だけを説明しますと、

①電池が入っていて、電源入れたりコントローラとなる「MOD」
②リキッドを注入し、吸い口となる「アトマイザー」
③アトマイザー内のリキッドを吸収、加熱して気化させる「コイル」

等々の部品から成り立っております。初めてだと何もわかりませんが、大抵のお店がスターターキットを扱っているので最初はお財布と相談してショップのオススメキットを買うのが吉だと思います。…でも少しでもこだわった物が欲しい!という場合は、僕のように直接お店に行ってみて、教えてもらいながらオススメ品を試して買う。という方法も楽しいと思います。また、後述の僕のvapeも良かったら参考にどうぞ♪

本当の初心者の私から言えるのは、「510接続」(MODとアトマイザーの接続規格)と爆煙したいなら「サブオーム対応」を選ぶ方がいい、ということでしょうか…。安くても、一体型の特殊なものだとその後、変更が効きませんので…確実なのは、お店に聞いたり、youtube等で気になる物のレビュー動画を見た方がいいと思います。お店は入りづらい感じがあるところもありますが、店員さんが丁寧に使い方まで教えてくださるので本当にありがたいです。

僕は訳あって(単純にはまっただけです笑) Vape機器を二つ持っています。

1つ目が【右】Eleaf istick piko 75W に aspire nautilus X を組み合わせたものです。


これが非常に良い感じ! istickは温度が調整できるけどNautilus x のコイルが温度調整対応してないのでWattageで調整。18.5Wくらいでまったりできるリキッドをぷかぷかしてリラクゼーションしております。nautilus X は漏れないし、ドリップチップ変えられないけど吸い口はすごく良いので、最初から良いアトマイザー買えてよかった!と思いました。煙もちょうどいいくらい。アトマイザー変えて爆煙仕様に変えることはできますが、やらずにまったりしてます。ちょうどいい感じ。

で、2セット目はinnokin cool fire 4 .+ iSub G TANK

これは比較的安いです。wattage調整等の機能も使え、サブオーム(爆煙のための抵抗値の低い0.9Ω以下のコイル)対応のMODで、アトマイザーも吸い口が広く、最初から0.5Ωコイルを使用したiSub G TANKが付いているので、いわゆる「爆煙で吸いたい!」という欲求はこのセットでまずは達成できると思います。普通に使いやすく、ボックス型のMODもとてもかっこいいです。僕は上記のELeafを自宅Chill用にして、普段外に持ち歩くのはcool fireにしています。唯一難点を挙げるとすると、大きめの吸い口があまり好みじゃないのと、エアフロー部分を開けとくと少し漏れるかも…

こちらも510接続ですので、aspire nautilus mini等のアトマイザーに交換するかもしれません…

※追記(2016/02/13):現在はiStick Pikoにwotofo serpent mini(RTA)をつけて持ち出しています。サブオーム対応(低抵抗0.1Ω〜)と75WのハイパワーがコンパクトなMODに収まっているため、メカニカルMODやRDAを購入した現在でも、非常に重宝する1台です。

4.リキッドの味が豊富

私は現在、
Glitter
Glitter

の2種類を利用しています。glitterはストロベリー系の甘さ。これを吸ったら女の子にカフェの空気がすると言われます笑

BINDERS TRADは紙巻タバコを意識したようなビターでちょっと甘い感じ。なかなか美味しいと思います。

と2種類でもこんなに差がありますが、ちょっと探すだけでも「バニラ」「パンケーキ」「キャンディー」といった甘可愛い系や「ストロベリー」「パイナップル」「フルーツミックス」の果実系、ビンダースのような「タバコ系」からJuiceやエナジードリンクまで多種多様!

タバコ以上に様々な自分にあった、気分にあった味を探す楽しみもありますね♪

5.おまけ。維持費って実際どう?

電子タバコの維持費どうなのよって思ったのでざっくり計算してみました。紙巻を1日一箱の想定です。
Running cost
①コイル(1週間に1回交換想定)= 約2000円/月
ものによりますが5個入りで2000円前後です。
(コイル手巻きすると1つ数十円で出来るそうです…いつか覚えたい。)

②リキッド
 (10ml=タバコ5箱換算)
  1ヶ月60ml程度    = 約5000円/月

合計 約7000円/月

initial cost
①スターターキット 5000円〜7000円

②リチウム電池(電池内蔵でない場合:必要に応じて) 1200円程度

合計 約6000〜8500円

いかがでしょうか。かなりリキッドも多く見積もっていますが月7000円もかかりません。スターターキットもまず最初は高機能なものより、使いやすいMODと漏れにくく扱いやすいアトマイザーで5000円程度〜で十分だと思います。ちなみに紙巻タバコの場合

(20本入りタバコ)420円x30箱=12600円

なんと!これで飲み会で多く吸った日があったり、ライターなくして買ってたりしたら毎月のように新しいMODやアトマイザーを試しながらvapeを吸えてしまいますね!初期投資のスターターキットの5000円やら10000円やらが高く見えますが、その420円の積み重ねの方が結果大きな出費!

と、ここまで電子タバコVapeについて記載してきましたがいかがでしょうか。個人的には「たばこ離れ」世代の20代前半の方、現在10代の方が成人する頃にはiQOSやプルームテック、gloを始めとした新世代の喫煙文化が今以上に浸透していき、その中でも味も豊富で見た目もCoolだったりcuteだったりするvapeが、これからじわじわと世間一般的な人気が出て行くのではないかな、と思います。

皆さんもHave a good smokin’ LIFE ! Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする