SOTOフィールドホッパーとアミカスを真冬キャンプで試す!

シェアする

SOTOフィールドホッパーとアミカスを真冬キャンプで試す!

先日の記事【SOTOのアミカスクッカーコンボを買ってみました】でアミカスバーナーをベランダで着火テストをしましたが、今回はコンパクトテーブル、SOTOフィールドホッパーも購入して実際に真冬のキャンプ場でクッキング(?)してきました。

まずは、テーブルの動作確認…
収納袋から出します。

大きさはiPhoneと比べるとこんな感じ。こないだ機種変したので空箱がありました。

そのまま開くと中から足が飛び出します「ポップアップテーブル」ですので組み立ては不要。

ひっくりかえすと机の完成。こんな感じ。

マグカップ(450)とバーナーとコッヘル(1L)なら置いて問題なさそうです。卓上のランタンとか置いたらきつい感じですね。

しまう時はそのまま折りたたんで、はみ出た足を押せばOK。簡単設計でありがたい!ちなみにかっちり閉めてロックするような機構ではなく、若干開きます。

と、まあ室内レビューはさておき、実際にキャンプで使ってきました!キャンプ地は富士五湖周辺で、12/中旬。日中は5度くらい、夕方から氷点下で夜間は-5度という環境です。

スポンサーリンク
スポンサー1

真冬の富士五湖キャンプでアミカスとフィールドホッパーを試す

早速設営をして焚き火を起こしてチル。焚き火があるとそっちで色々焼いちゃいますよね笑

で、いよいよ「お茶を沸かす」という任務を僕のフィールドホッパーの上でアミカスとクッカーで行う!
この時点ではまだ気温は5度くらい。EPIガスに取り付けて、ハンドルを回して点火。一発着火!このくらいなら当然ですね。

この時、地面はややボコボコした固めの地面だったのですが、フィールドホッパーも色々置いても安定しているし、その上でバーナーで色々しても安定感がありました。机の脚がグラグラするとか、折りたたみでフワフワするというようなこともなく安心して火を使えます。

続いて茶でも飲むかと思って、mont-bellのシングルチタンマグをアミカスにon!
直径8cmのマグカップも安定しておけます。余談ですが、シングルチタンマグはそのまま火にかけられて便利ですね!間違ってもダブルマグを火にかけないようにしましょう

いい感じに加熱されていきます!多少の風が吹く場面はありましたが全然問題無し!

時間は測っておらず申し訳ないのですが、意外と早く湧きました!比較としてはSnowpeakのギガパワーストーブと同等くらいな感じでした。【追記】製品スペックとしてはアミカス2600kcal/h snowpeakギガパワーストーブ2500kcal/hなのでやはりスペックとしてもほぼ同等です。)

で、飲み食いしたり散歩したりしてるうちに夜。19時頃には氷点下。そして大体-2度くらいの中焚き火を囲って談笑。

僕は最近お酒をやめたこともあり、頻繁に茶だのお湯を沸かして飲んでいました。-2度の環境でも全然問題なし!写真がわかりづらくて申し訳ないですが。バーナー部が煌々と燃えています。

で、夜も更けて就寝。星がハンパなかったな…星というか銀河?天の川?のようなものが2個見えて、ビビった。僕の目がおかしいのかと思ったら友達も見えててすげえすげえ騒いでおりました。笑

予想外の冷えで凍死覚悟でしたが無事に朝がきました!

この時点で気温は約-5度以下。火を起こさないと寒すぎて死ぬ。

で、写真はないのですが、早速茶を沸かすためにアミカスバーナー&クッカーを利用。-5度環境でも余裕の一発着火&高火力!

そして気温も温まり氷点下から回復した頃になりますが、朝飯としてカップラーメンのリフィルをクッカーで調理?して食べました。お湯の量が適当すぎてみんな味が薄くなってしまいました笑 分量は守りましょう!

アウトドアで食べるカップラーメンとか久しぶりだなぁ。これなら、キャンプじゃなくてもこのアミカスセットとマンティスチェアと飲み物食物持っていけばデイキャンプツーリングが楽しそう。僕のバイクは色々切ったり外したりしてるので荷物は乗りませんが、これなら小さなリュックサック背負って簡単にできそう。

この後、焚き火台でハム焼いたりしてマフィンを食べて、クッカーを焚き火台の上に置いてゆで卵を作ったりしました。ちなみにバーナーだと問題ありませんが焚き火台にかけるとスゴく黒ずみます…アジと捉えるようにしましょう。ガスバーナーにかけたものは無傷でした(左)

と、ここまでフィールドホッパーとアミカスバーナー&クッカーを実際に使ってみたレビューをしましたがいかがでしょう。

個人的にはフィールドホッパーはミニマムなソロキャンプやツーリングキャンプではベストな選択だと思います。組み立ても1秒片付け5秒です。

また、アミカスクッカーコンボもSnowpeak等のバーナーと同等かそれ以上の熱量や防風性能を持ち、クッカーやガスがついたお得セットで安く買えることを考えるとコスパは高いです。4本のゴトクも安定性があり、マグカップからクッカーまで飲み物を沸かしたりちょっとした物を作るには最適です。今回は焚き火もあったり友人たちも各々で道具を持っていたので湯沸かしがメインでしたが、アヒージョのような一品料理やパエリアなんかを作ってみようかと思います!

僕はこれ以上寒いところや高地でのキャンプはまだ経験がないですが、もし高地用に買いたすとしたら同メーカーのマイクロストーブ付のバーナーを買うと思います。

ざっくばらんな記事になってしまい申し訳ありませんが、結論としては、

-5度以下の真冬のキャンプ場でも使える。

です。

バーナーもですが、火を消した後の寝具をしっかりして凍死しないようにしましょう!

では、Godspeed you!