オススメのシングルチタンマグ。買ってみました。

シェアする

(やっぱりこの季節でも山は冷えるなあ…)と思いながら、澄んだ空気の中で木々や山、空を見ながら湯気の立つコーヒーをそっと啜る…

キャンプのよくあるワンシーン。マグカップにシェラカップ、タンブラー等皆思い思いの道具でアウトドア感を楽しみます。アウトドアに行ったら、やっぱりプラコップや紙コップよりちゃんとした道具で雰囲気味わいたいですよね。

写真 2016-12-02 19 42 19

というわけで、今回は

オススメのシングルチタンマグ。買ってみました。

と題して、アウトドアで大人気のシングルチタンマグを購入してよかった点とデメリットを記載します。
そして、コスパのいいオススメのチタンマグを紹介します。

スポンサーリンク
スポンサー1

シングルチタンマグのメリット

  • 小型で軽量
  • 直火にかけられる
  • 飲み口が熱くならない

上から説明しますと、まず、シェラカップやタンブラー、ダブルマグに比べでサイズも小さく軽量です。ツーリングやソロキャンプにも持って行きやすいです。

そして「直火にかけられる」これはメーカーによっては火にかけるなとかけられていますが、多くのシングルマグはそのままコンロに乗せて火にかけられます。これも、ツーリングやソロキャンプ等で調理器具が限られている時にはとても助かります。冷めたコーヒーを温めなおすことも簡単ですね!

一点注意ですが、保温性の高いダブルマグは火にかけるのはご法度です。破裂等の危険があるので、ダブルマグや加熱の認められていないものはやめましょう。

で、「チタン」がなぜいいのかというと熱伝導率が低く、熱々の飲み物を注いでも取っ手や飲み口まで熱くなりません。ステンのマグや、おしゃれなタンブラーの飲み口から熱々のコーヒーがドバッと出て熱い思いをしなくて済みます。

チタンマグのデメリットは?

  • 他のものより冷めやすい
  • 直火にかけると焼けることがある

シングルチタンマグの弱点としては「冷めやすい」ことが挙げられます。現に僕も真冬の帰宅直後、暖房も入れず、寒い部屋で紅茶を入れて試してみましたが、割と早い段階で冷めてきました。僕は猫舌なので熱々が早く冷めてくれるのはどちらかといえばメリットなのですが…気になる方は蓋を買ってもいいかもしれません。

猫の耳が可愛いなって思ったのですが、多分百円ショップでも売ってるかもしれません。

あとは、メーカーの注意書きで「直火にかけてもいいけど、焼けとか焦げとか変形するかもよ」ということが書かれています。僕は焼けとか出た方が、リアルな使い込み感が出るので嬉しいと思う方ですが…変形は高温に一気に熱したり、急冷しなければそうそうボコボコにはならないと思います。

オススメのチタンマグ

僕のオススメはMont-bell チタンカップです。
写真 2016-11-30 16 03 38

ちょっと商品が並びますが価格をみてください。



1流メーカーで品質はお墨付き。でも価格もなかなか特にノルディスクはすごい…そんな中で、Mont-bellのチタンマグは税込みでも2000円を切る価格です。ベルモントさんもアマゾンで安く売っていますが送料が…あと、僕の住む地域にはベルモントさんの取り扱いが中々無かったんです。モンベルさんは数件ありましたが。Mont-bellという一流メーカーで価格も抑えられているのは嬉しいです。

そして、Snow peakだったっけ?(すいません、うろ覚えですが…)シングルチタンマグを火にかけないように注意書きがありますが、モンベルのマグは火にかけたら焦付きがあるかもというような注意書きで、直火を禁止はされていません。当然Snow Peakや他メーカーのマグでも直火は可能ですが、メーカーがOKしてる方がなんか嬉しい笑。 もちろんですが、ダブルマグを火にかけてはダメですよ!

形状としてはほぼ同じですが、モンベルの取っ手が一番広いと思います。平均〜やや大きい(長い)手をしているのですが、指3本ですんなり持てます。取っ手の折りたたみもスムーズだし、開いても安定していて、取っ手がパタパタすることもありません。とてもよくできているなーとしみじみ思いました。

写真 2016-11-30 16 05 39

そして、大きさは450をお勧めします。ホットコーヒーやホットティーを飲むなら300でもいいかなと思うのですが、夏場にロックアイスを入れて飲む時や、お湯を沸かしたい時には300だと少し小さいかと思います。
写真の通り、シングルマグの450だと500mlの紙パックにちょうどおさまるくらいのサイズ感です。

まだ、ティーパックやスティックコーヒーを中に突っ込んで、ネット状の収納袋へ仕舞ってバックパックのポケットにも突っ込もうかと思います。

と、ここまで書きましたがいかがでしょうか。僕も以前はタンブラーを使っていたのですが、熱いものを飲むときに火傷しそうなのと洗いにくい事が少し不満でした。チタンマグはその不満を解消できてとても満足しています!

次は、コンロにかけて実際にどうなるかを試してみたいと思います!…土日にいろんなイベントがあってなかなかテントやコンロの試しができない…年内にはキャンプしたいなぁ…

それでは、Godspeed you!

コメント

  1. 岩畦泰博 より:

    こんにちは!

    私もチタンマグはシングル派です。Sowpeakの450に300と200をスタックして、その中に自作の小型アルコールストーブを入れ、さらにその中に100ccのアルコール燃料をスタック。あとは折りたたみの五徳とモンベルのウルトラライトドリッパー、コーヒー豆を持って、ミニマムコーヒーセットの完成です(笑)その際に、450でお湯を沸かすのですが、直火でも全然大丈夫ですよ。もちろん、中に水が入っているのが前提ですが。空焚きは禁物でので、そこだけ注意すれば直火OKです。楽しみましょう!

    • amamiya より:

      シングルチタンマグいいですよねぇ♪マグカップのまま沸かせられることや、湯沸かしとして調理器具として使えるのも魅力ですよね♪
      「自作の小型アルコールストーブ」これすごく興味あります!今度作ってみたらブログに載せますね。

      自作のアルコールストーブでお湯を沸かして、ドリッパーで珈琲淹れて…最高すぎますね!本格的に寒くなる前にアルコールストーブ自作して、僕は珈琲をあまり飲まないのでミルクとアールグレイの茶葉でロイヤルミルクティーでも入れて温まります笑 僕もシングルチタンマグの別サイズかってスタックしようかな。紅茶飲むときとか便利だし笑

      お互い美味しく楽しくアウトドアライフ楽しみましょう♪

  2. 岩畦泰博 より:

    私が作ったのはコレです。市販のアルコールストーブより高火力で、コーヒ−1杯分なら、真冬でも3、4分で沸きますよ〜。ラーメン1杯分で8分くらいですかね。
    沸騰を待つ間に、豆を挽いて、のんびり山コーヒーを楽しんでます!
    よろしければ、ご参考に。
    https://www.youtube.com/watch?v=8FY9PklT11E

    • amamiya より:

      動画拝見させていただきました!これはカッコいい!!チタンマグの中に納めて持っていけるのも最高ですね!動画を参考に僕も作成して、ちょっとした焚き火〜がっつりキャンプまで持っていって楽しもうと思います!参考動画を紹介させて頂きつつ、自作ストーブ作成したブログもまた記載しますね♪とっても良いものを教えてくださりありがとうございます!