おしゃれでハイパワー!「DECIMUS」by PRAXIS VAPORSが最高!

シェアする

最近、外出すれば実店舗で、家にいるとネットショップから毎日VAPE用品を購入している僕です。カードの請求を見たくない笑

最近感じていたことだったのですが、「Phantom X」MODはメカニカルとしてはかなりの性能だけど、クラプトンワイヤーデュアルで組んだりすると、少し物足りない。iStick Pikoは75Wまで出るけど、24mm以上のアトマイザーが乗らない…

と、「クラウドチェイサー」なガチ爆煙やるには、

「電池2本いるような、ハイパワーなテクニカルMODが必要だよな。」

と、思いつき、いろいろ探していたところ、

WismecのReuleaux(ルーロー)という200W、そしてアップデート後は250Wも出力するのに6000円ちょいと言うコスパ最高のMODを見つけました。

で、このルーロー。店頭に置いてるショップも結構あって、実際に友人も使っていて僕も吸わせてもらったのだけれども…大きさは電池3本でも全然いけるし、握り心地もいいし、設定も色々できて使えるなぁ。しかも値段も安いし。とルーローにかなり心惹かれたのですが…

そもそも250Wっていつ使うんだろ?僕、多分100W使うことすらない気がする…

とルーローで150Wを吸ったら冷静になりました笑。爆煙系がお好きで、200Wとかガッと使うような方にはオススメですが、僕は80Wでも十分な人間なので…クラウドチェイサーになるにはまずはちゃんとミスト吸えるようにならないと…

その後、いろいろな店舗をぶらついたりして、たまたまこいつを見つけて、結構な破格で買いました。ちゃんとした有名なお店で、もちろんオーセンです♪笑

「Decimus 150W Box MOD by Praxis Vapors」

PRAXIS VAPORSってなんかかっこいいよねえ。DerringerもPRAXISの製品だもんね♪RBA始めたばかりで、クローンに手を出した思い出…。笑

開封するとめっちゃ「シンプル」内容物は、MODと説明書のみ。

説明書は英語だけど、単純な機能紹介は

  • Fireボタン
  • バックパネル取れるよ
  • ディスプレイがあるよ
  • 電池いれるとこ
  • +調整ボタン(VW)
  • -調整ボタン(VW)

これだけ笑。流行りのタッチパネルもなんのボタンもない。

そしてマグネットでとまったバックパネルを外す。多分色違いとかに交換できるのかな?開けても特に何もない笑 金属の重みと塗装の質感が良い。

逆サイドを外すと電池パックお目見え。取り出し易い様に紐がついてる親切設計とPRAXIS VAPORSのロゴがイカす。

そして、なんとこの電池パックのカバーの中に調整ボタンがあるんです!

だから電池を入れてワッテージ調整して、蓋を閉じたら、MODに存在するのはファイアボタンのみ

最高にスタイリッシュ!

そうです。例えばほぼ似通った性能のPRAXIS VAPORSのBansheeという有名MODがありますが、あれはディスプレイがLEDで華やかだったり、ボタンが下についてたり、電池を下から入れるため、下の電池入れが「髭剃り」みたいな感じだったり…

貶している訳ではないですけれども、「シンプル」「スタイリッシュ」「ミニマル」とかで言ったらDecimus MODの方が上かなと思って買った次第です。

ちなみにDECIMUSの裏はバッテリーのベントホールがあるのみです。

話を戻しまして、バッテリーを向きを間違えないようにちゃんと入れて…なぜかW表示とV表示が逆になってる?Wをメイン表示にしたいのだが、説明書も適当に読むが書いてないのかな?まああとで直そう!

Thunderbolt Struckな雷マーク!
PRAXIS VAPORSということでDERRINGERを乗せて、3つしかないスイッチを色々いじろう!

通常状態でファイアボタンを2秒以内に5回押すと「LOCK」されます。

ロック状態(液晶表示なし)でファイアボタンを押すと、

「UNLOCKED」「Click5X」と五回ファイアボタンを押して解除しろと教えてくれます。

解除すると「PRAXIS VAPORS」と表示され復帰します。

そして、なぜかVとWの表示が逆だった問題ですがファイアボタン2回クリックで行けました笑。大概プラマイ同時押しとか何回クリックとかで何かあるのがテクニカルMODです笑

MAX出力は150W!いつ使うのだろう…?今入れてる電池(3.7V/20A)と仮付けした0.3Ωのアトマイザーだと多分5秒通電したら爆発するだろうな…こええ。というか、ボタン簡単に押されるから電池交換する前はロックしてからやりましょう。150Wで吹っ飛ぶところだった。

ですが、さすがはテクニカルMOD。電池の出力低下に合わせて上限が上がらなくなります。無理に電池に負荷をかけて溶けたり爆発したりをしないように配慮されてるんでしょうね。(抵抗値違うのはアトマイザー変えて抵抗が変わっても、最大出力の制限が変わるかな?という実験をしていました。どうやら抵抗値や電池の出力状況等で「連続で150Wを出力させる」等はできないようになってる様子)

というわけで僕としては結構頑張った方の85Wで試してみました。

親指でファイアボタンを押して、ディスプレイを確認できる。

そして裏側(人差し指側)には「PRAXIS VAPORS」の文字が。シンプルでかっこいい!ちなみに逆に持って人差し指でファイアボタンを押して吸うこともできます。意味があるかはわかりませんが笑。

リキッドは「RIPE VAPES VCT」を利用しました。さすが大人気で有名なリキッド。抜群に美味しいです。これは最近Kayfunで常飲してるくらいうまい。


そんなことはさておき!85WのDerringerでVCT!

ではいただきます!

シャレにならんパワー!普通にむせる!!

85Wでいきなりむせて、その後慣れて吸ったけど1秒吸っただけで大量の濃ゆいミスト。換気扇すぐつけられるようにキッチンでやってよかったわ笑。 普通のバーでこれやったら、注目のマトだよ…タバコ一箱吸いよりミストでてる気がする。

そして、リキッドの消費が激しい笑

でも、今0.5Ωのカンタルワイヤーという危ういセッティングで吸いましたが、これからはクラプトンワイヤーのような太いワイヤーや抵抗出るようにゲージを考える必要はありますがパラレルコイルでビルドしても、多分余裕の立ち上がりで濃ゆいミストを大量にアトマイザーから吹き出してくれることでしょう。

電池を2本特にスタック(直列)で使う、というテクニカルとはいえ危険のある行為ですが、DECIMUSは非常にハイパワーかつ、見た目も非常にシンプルで、とても良いMODです。Noisy Cricketもシンプルかつハイパワーですがメカニカルのスタックかつハイブリッド接続なので、安全面やワッテージ調整ができて利用の幅が広いこと、デザインの面等でDecimus、ならびにハイパワー品はテクニカルMODがオススメなのかなと個人的には思っています。

ただ、DECIMUSは店頭や通販で見かけないので、気になる方は見つけたら勢いで買ってしまうのもありです笑。
Vaping ape TOKYO
VapeCHK

さんなどのVAPEのネット通販サイトか店頭で探すのが良さそうです。AMAZONとかYahooで出てこなかったです…

※VAPECHKさんではセール対象品となり売り切れてしまったようです。

あとは、バッテリー内蔵で150W出力というTeslaの製品も出ています。確かに電池で考えても、超高電流の電池は1500mah、ちょっとした電池でも2500mahで20-30Wというのが普通なので同程度のバッテリー性能を持っているものと考えられます。「3500mah 3.7V 35A」なんて18650があったら怖い笑

いかがだったでしょう。

僕はハイパワーとデザインを考えて、DECIMUSを選択しましたが、とてもいいチョイスだと我ながら思いました。

DECIMUSや最初でこき下ろしたけどBansheeといったPRAXIS VAPORSの製品はデザインが洗礼されていて普通にオシャレなMODで普段からどんどん使いたくなります。他メーカーでも逆にいろいろ調整できるハイスペックだったり、ディスプレイが大きかったり、好みがあると思うので、色々比較するのもいいと思います。皆さんのMOD選びの参考になれば幸いです。

僕自身もスターターキット→RBA→メカニカル…etcと順調にVAPEの道を進んできて、今回ハイパワーMODの課題に行き当たりました笑。

メカニカル+ハイブリッドこそハイパワー!と思ってましたが、そりゃ電池2本も3本も使うMODの方がハイパワーですよ笑 ですので、気になった方はDECIMUSやコスパのいいルーロー、こだわりたい人はMInikinなど、テクニカルでハイパワーを目指すことをお勧めします。

Noisy Cricketもそうですがましてや電池3本のフルメカニカルなんて…

パラレルだから…とかそういうことじゃない気がする笑

皆さんもハイパワーを目指す時は気を付けましょう!そして美味しいミストを!

ではGodspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサー1