Desire YURI RDA ! コスパ最強の濃い味フレーバーRDA

シェアする

いやーついに来た!いろんなショップで売り切れてて、海外から発送のオーセンを注文したら1か月以上経ってきた! その間に他にもアトマイザーやらMODやら買ってしまったよ笑

とはいうものの、首を長くして待っていた期待の「Desire YURI RDA」早速ビルドしていきます♪ちょっとハイパワー系でビルドして、その後YURIの一番良いところでセッティングします。

スポンサーリンク
スポンサー1

コスパ最強のDesire YURI RDAをレビュー&ビルド

じゃん!ゆりではなく、「ユーリ」と呼ぶらしい。YURIの意味を海外で調べたら「Girls Love」とか「Japanese Name」とか出てくる。日本のLilyの意味が強いらしい。それともЮрий?ガガーリンのことかな?

「YURI IS A NEW FLAVOR RDA DESIGNED BY DESIRE」

ふたを開けるとご対面。

アトマイザー本体と専用のデルリンドリップチップ、ネジやOリングの予備と工具が入ってます。

そして、デッキ。22mmですが上段は上から、下段は横から締めるベロシティタイプのデッキは非常にビルドしやすく、クラプトンワイヤーも余裕で組めます。ぶっちゃけGOON LP 24mmよりビルドしやすい笑そして最大の特徴は、このコイルを狙ってボトムから斜め上に吹き抜けるエアインテーク。これは確かに美味そうだ!

で、左がトップキャップ+510デルリンドリップチップの通常のもので、右がワイドボアになった専用のトップキャップ型ドリップチップ。味わいを調整できます。

実際にビルドしてみる

今回は、せっかくの22mm径アトマイザーだし…ということで、「Noisy Cricket」用にビルドしてぶっこんでいきます。おまけで、右にある「TSUNAMI 24」はもうNoisyに乗せないので、Phantom X用に変更します。Noisyだと24mmはみ出るんよね…

(4.2*2)^2 / 0.7 ≒100W

ということで、100Wくらいの爆煙領域でビルドします。

3mmで8ラップで組んだ時はデュアルで0.5Ωちょっと。これだと140W相当なので吸う方もかなりの馬力が必要です笑

なので、上記の0.7-0.8Ωを狙うべく、22mmのデッキにクラプトンワイヤー3.5mmを9ラップという、キツキツのビルドを試してみます笑 逆に言えば22mmのデッキでも3.5mm径クラプトンを9ラップもできる懐の広さ!ハンパないっす!

(写真が消えた…)コイルジグで巻いて、ベロシティデッキに挿すだけ!ここまでは簡単ですが、クラプトンワイヤー高抵抗のドライバーンはオームテスターだけだとかなり苦行です笑

で無事コイルができたところで、Vape用コットンの中で「確かに焦げにくく、よくリキッドを吸う」という結果が前の比較で出てから定番の「ケンドーコットン」でウィックを作ります。もうこのブログ内でも定番笑。

ちょっと写真なくて飛びましたが、無事完成。

実際に吸ってみる

で、実際に味比べ!ということでリキッドは今回、最近、「Fog Crown」を超えたか!?と思うほどめちゃウマで15mlが速攻無くなった、「Ruthless」の「Rise on ice」を利用しました。春のうちに買い占めて、梅雨から夏はおそらくRise on iceとEz Duz it on iceのメンソールフレーバーばかりを吸ってると思います。笑

まずは、アトマイザーをNoisyのキャップにしっかり固定して、コンタクトピンも問題ないことを確認。そしたらプラスがアトマイザー側に来るように電池挿入してネジしめます。

で、こんなタイミングでなくてもいいんだけれども、もう一本の電池を入れてボタンをつける前にウィックは濡らしておきましょう。ファイアボタン締めこんでて、押しちゃってコットン焦げちゃうとかあるので…

ケンドーコットンは1発めは全く染み込まないので少し染み込んだら再度リキッド垂らします。一回しみこむとあとはスゴイ笑

着火!いい感じでミスト出てます!

では吸って行きます!

510ドリップチップ

ん?かなり味が出てるぞコレ!!!

通常メンソール系リキッドで安いRDAとか爆煙系とかだとメンソールばかり目立って肝心の味が隠れてしまうのですが、マンゴーとライチの爽やかなフルーティーさを、きちんと感じられる!確かにこれは「FLAVOR RDA」と記載してあるのも理解出来る味の濃さ。正直これは、買って大正解。というか1ヶ月以上前に注文してたんだからもっと早く届いて欲しかった笑

そんなことを思っていたのだが、パカパカ吸っていたら「非常に熱い」ミストもがっつり熱いし、アトマイザー自体も熱い。これは正直もう少し低い出力で使うべきだったかも…

専用ワイドボアドリップチップ

これも上記同様味は濃く出る。そして何よりさっきより熱が伝わってこない気がする!そんなこともあって、最初についてる510ドリップチップより付属のデルリンワイドボアドリップチップの方がより美味しく吸えるかもしれない。(少なくとも高出力では…)

で、引き合いに出すのもアレだけど、GOON LP 24よりも味は濃いです。22mmだからかな?

参考:GOON LP 24

GOONがフレーバー系なのかどうかは知らんが吸い比べ。ビルドもクラプトンで0.7オーム程度。

結果だけいうとミスト量はGOON LPのが多かったですが、フレーバーの濃さではYURIの方が味がよく分かる感じでした。Rise on iceは特にその傾向が強く、その後で「ミルクティー味」の甘ったるいフレーバーを試した際もGOONは甘さとミルク感が際立つのに対して、YURIは紅茶っぽさも十分出ている感じで、「しっかりフレーバーが出ているな」と思いました。GOON LPは見た目含め好きなアトマイザーですが、フレーバーについてはYURIが結構良い感じです。

YURIを美味しく使うには

「Noisy Cricket」に合わせてある意味「爆煙でフレーバーチェイス」なセッティングをしましたが、おそらくYURIのパワーバンドを超えてレブッてる感じ。なので、もう少しマイルドなビルドにしてあげます。

カンタル26Gを3mmで8ラップをデュアルで。シングルで0.8Ωくらいのビルドでも美味しいかもしれない。シンプルイズベストなビルドですね。

で、先ほどと同じRuthless rise on iceを今度は30W-40Wくらいのやや高めの出力でいただきます。

めっちゃうまい!

30-40Wくらいだとミスト量も十分出て、そんなに熱くならず、味がきちんと出ていて確かにこれは美味い!というかこれが本来のYURIの味なんですね!このくらいの出力の場合だと510ドリップチップの方が味がよく出ます。

そしてRuthlessから今度はSlurricane。パパイヤだのグアバとかそんな独特の味を持ったリキッドだが…

こちらも凄い。Slurricaneの独特な風味をギュッと押し出している!!

正直、Nectarとはまた違ったレイヤーに位置するフレーバーチェイサーRDAなのかもしれないが、正直これはコスパもいいので早いうちに買っておくのが吉だと思いました。僕もずっと前に頼んでいたのに、アトマイザーが揃い始めた今頃届いて使い始めても、「これは買ってよかった!」と素直に思える良いRDAでした♪

と。ここまで書きましたがいかがでしょう!正直高出力で焚いてあそこまで濃い味でしっかりした「FLAVOR RDA」だとは良い意味で予想外でした!でも、個人的にはやはり40Wくらい0.5-1.0Ωくらいでドリップしている方が味わいやすいなっと思いました!

「フレーバーチェイサー」「美味しいRDA」をちょっと試してみたい方にはコスパ最高のお勧めのRDAです。今は結構どこもYURIが売り切れっぽいですね…Desireの新作の「MAD DOG」にも期待するけどどうなんだろう…

みなさんの参考になれば幸いです。美味しいリキッドがより一層美味しく感じられます♪

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする