GOON LP RDA by 528 customsは爆煙で美味しくなる!

シェアする

おはようございます。某サイトでオーセンのyuri頼んだら1か月近く経ってるのに、未だにこない僕です。「発送は海外からです!」の売り方やめてほしい。あれなら海外のサイトから直接買った方が早く届く確率が高い。

と、愚痴から初めてしまいましたが、yuriの到着を待ちきれずにコイツを買っちゃいました。

LPのロゴに、

「528 custom」の文字。

そうです。「GOON LP RDA」を買ってしまいました♪

ここ2、3か月のVAPE出費がやばすぎる…原付くらいなら買えるかもしれない笑 というわけで、

スポンサーリンク
スポンサー1

GOON LP RDA by 528 customsをレビュー!

早速ぱかっと箱を開けると、左にアトマイザー本体、右上になんとウルテムのトップキャップ、右下に付属品が付いてます。

なんとなくゴールドを買ったのですが、いい感じ♪LP(ロープロファイル)でない通常のGOONを持ってはいないので申し訳ないのですが、「GEEK VAPE TSUNAMI」の2/3程度まで低めに作られてます。

ボトム部分には「金メッキ」のコンタクトピン!通電も良さそう。そしてシリアルナンバーが振られています。俗に言うキリ番なのか?笑

付属品は予備OリングX4とネジX8、で、ウルテムのスリーブアンドトップキャップです。そしてBF対応のピンもありますのでボトムフィーダーの方も利用できます♪

コンタクトピンががっつり出ているのでハイブリッドでも問題なさそうです。

では早速ビルド。デッキはこんな感じで、昔のGOONのように上から押さえるのではなく、横からプレートで押さえ込みます。写真がよろしくないですが…

とりあえず、「ブっとい線でビルドしても大丈夫」てきな感じのGOONなので、訳も分からずフラットリボンを使います(錯乱)コットンはVaporでも割と使う人を見かけるケンドーコットン。余談ですが、僕の別記事、最高のVAPEのコットンは?市販化粧用コットン比べてみた!では、市販化粧品コットンを比較して順位付けしてます。第2回は「Vape用コットン最強決定戦」でそのうちやります笑

なんかうまく巻けないけれど、やや足を残してクランプに挟み込む。コイルが上に向かって立った状態ですね。

そこから折り曲げて、デッキ内に収め、エアフローホールに合わせようとするも…

はみ出とるやんけ!!

3mm径6ラップでこの幅広さ。しかも抵抗値は0.31.デュアルで組んで0.15とか今日はそれを求めてません笑。

で、改めて、普通のクラプトンでビルド。

今回はいい感じです。立ち上がってるコイルを横に曲げて調整。


3mm8ラップで1.2Ω程度。デュアルで0.6のまあ、やや出力高めで吸っても良さそうなところ。

エアフローの位置もうまく調整できました。ただ、難点はGOONはわからないけど、LPはスリーブのエアフロー部分が1段引っ込んでいるので、ビルドしやすいけど、うまくまとめないとコイルとスリーブが接触しやすいというちょっと個人的には「うーん」となってしまう点でした。26+32のクラプトン内径3ミリ8ラップでもちょっと心配な感じ。(僕のスキルの問題でもあるが…)

抵抗は狙い通り0.6Ω程度!

で、ウィック作り。

LPはジュースウェルが深くないため、コットンをややきつめに詰めて、長さ自体はそこに触れるか触れないかで十分だと思います。適度にドリップしながら楽しむ感じです。

ざっくりビルド完了。早速味見していこう!

MODはDECIMUSでまずは50Wで炊いていきます。

ワイドボアのウルテムドリチを外してもここから注入は難しそう笑

しっかりキャップ外して、リキッドを染み込ませます。ちなみにケンドーコットンは1発目は全然染み込みません。慣らしましょう。

ジュースは毎度おなじみ、激ウマMAXVGでドリッパー御用達リキッド「Fog Crown」持ってるVaporさん多いですね!さすが人気商品

では早速吸ってきまーす!

ん!なかなかのミスト。65くらいまで上げてみたら…

爆煙!!!そして味濃い!!!

なんというか、これは爆煙でこそ濃く味わえるそんなアトマイザーですね。

確かに設計からして、510のドリップチップに比べハーフインチのワイドなドリップチップが採用されていることからも、「ミスト量重視」で味が出るように設計されていることが伺えます。

結論

  • ロープロファイル化で見た目はバランス良くなった
  • 爆煙と味についてはさすがGOONというほど良い。
  • サイドから挟むタイプのデッキはやりやすい
  • LP化のせいなのか、意外とビルドに関しては窮屈かも
  • シングルビルド対応してたら最高だった
  • 基本は高出力と太いワイヤーで味が出せるタイプだと思う
  • コンタクトピンがきっちり出ていることと、BF対応は嬉しい。
  • ウルテムのドリチ、スリーブ、キャップ付属が嬉しい

といった、ところでしょうか。ビルドさえ工夫すれば、それなりの抵抗値を稼いで爆煙で味濃いGOONの良いところを引き出せると思います。僕は今度はナロークラプトンを2.5mmで巻いたらどうなるかを試したいと思います。

いかがだったでしょうか。RTAは僕はKayfun1択とサブでSerpent mini(本当はAltoにする予定だった…)でそこそこ満足していますが、RDAで美味しい!というものはあまりなかったので結果買ってよかったです。

皆さんも75Wくらいで美味しい大量のミストを味わっちゃってください♪参考になれば幸いです。

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする