アトマイザーが固くて外れない時の外し方。裏ワザ!

シェアする

久しぶりのVAPE記事!

さて、コットンでも変えようかな…と思ってアトマイザーを外そうとしたら、

チューブメカMODなどのトップキャップとアトマイザーがガッチリ締まって外れない…

そんな経験はございませんか?

今回はそんな固く締まって外れなくなったアトマイザーを外してしまうワザをご提供します。ちなみに僕もAvid LyfeのMODで2回ほどお世話になりました。

こいつが外れないのです…

では、早速!

スポンサーリンク
スポンサー1

アトマイザーが固くて外れない時の外し方。裏ワザ!

①ラスペネをかける。


ネジが外れない時の定番必殺!ラスペネをネジ部分にぶっかけます。

ラスペネはCRCの強力版みたいな潤滑剤で工業用品では良く用います。キャブレターとか。

まずはラスペネをかけて少し置いて外れないか試しましょう。

②プライヤーでガッチリ掴んで回す

こちらが本気の裏ワザ。これでラスペネで回らないネジも大概回ります!

2つのプライヤーでガッチリ掴んで回します。ある意味力技です笑

用意するものはプライヤー×2本、ビニールテープのみ。プライヤーの代わりにがっちりトップキャップやアトマイザーをホールドしてくれる工具があればそれでも代用は可能かもしれません。シャコ万とか?

まず、トップキャップやアトマイザー保護のためにビニールテープを巻いて養生します。また、ビニールテープの代わりに太めの輪ゴム(ゴムバンド)を巻きつけて養生する方法もあります。

この時、RTAやクリアロの場合タンクは割れないように、外して置きましょう。その他にもコンタクトピンなど作業にあたって邪魔になりそう、破損してしまいそうな部品があったら外してください。

そうしたら、まずはデッキ部分にビニールテープを巻いていきます。

次にMODのトップキャップ部分にも巻いていきます。

ビニールテープを巻き終えて、傷がつかないように保護できたら、2本のプライヤーでトップキャップとアトマイザーをそれぞれ掴み、反時計回り周り方向に力をギュッとかけていきます。

すると、ある程度力をかけたところで、グルっとアトマイザーが外れます!あんなに手で外れなくて悩んでいたのが嘘のようです!無事に綺麗にアトマイザーを外すことができました!

この作業を行う際は、アトマイザーやトップキャップを傷つけないように十分注意しながら行いましょう。結構な力をかけても外れない場合はアトマイザーやMODのトップキャップを破損してしまう恐れもあるため、ガシガシ無理に外そうとせず、

①力をかけやすい大型のプライヤーを使う
②ラスペネをかけて放置→プライヤーで外してみる。を何度か繰り返す

等、無理な外し方は避けて、アトマイザーやMOD保護のためにも楽にできる事を心がけましょう!特に小さなペンチのようなもので無理に外そうとガシガシやってしまうと傷がつく可能性が高いです。適切な道具がない場合、ホームセンター等で大きなプライヤーを手に入れて作業することをオススメします。

いかがでしたでしょうか。メカニカルMODで起こりやすい現象ですが、プライヤー2本あれば簡単に外すことができます。外すことができず、悩んでいらっしゃる方は是非お試しあれ!

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする