Phantom X MODを購入してみた。通電や立ち上がりがスゴい!

シェアする

「Mirandus」MODを購入してから数週間。色々と比べて行くと少し通電性等で気になることがあったので、ハイブリッド接続や別のMODを試してみたいと思い、ついに「Phantom X MOD」を購入してしまいました。たまたま人から譲っていただける機会があった事と、オーセンティックである事がはっきりしていたので勢いで購入です。笑

スポンサーリンク
スポンサー1

Phantom x MOD を組み立てて、性能を確かめてみました!

まずは開封。筒状のケースから取り出すと、左から、

トップキャップ
ハイブリッド接続用のキャップ
チューブ
電池の高さを調整のスイッチのコンタクト部分2種
ボトムスイッチ

が、入っております。

スイッチはスプリング式で、Mirundasを使っていた僕からすると、押し込み深さがややある感じがします。スイッチのコンタクト部分はCリングで固定します。

スイッチを押したまま、ピンセットや先の曲がった精密ラジオペンチがあると簡単に止められます。外すのも同じです。

ちなみにボトムスイッチ部分とギャランティカードにシリアル番号が振られています。番号は載せませんがかなり好みの数字です笑

510接続のトップキャップを付けて組むとこんな感じ。アトマイザーは22mmのDerringerなのでちょっと小さく見えます。スイッチが中へ結構押し込む感じのタイプなので、うまく持って中指で押し込んでやる感じで押してます。ミランダスみたいに小指に軽く引っ掛けて押せる位軽くて押しやすいのに慣れてると、ちょっと難しい笑

ロック機構はないようです。

24mm径の握りやすい太さに、約180gの手にずっしりとくる重量感。かなり手にフィットします。コンパクトなテクニカルMODが紙巻きたばこだとしたら、Phantom Xは葉巻のような感じ。あくまで個人的なイメージですが。あと、銅の磨けば光る光沢感も素晴らしいですね。

ボトムスイッチの黒い部分を回して高さを変えてバッテリーのフィッティングを調整します。

ちなみに向きはガス抜き穴がある方が上です。電池がショートし、防爆弁からガスが発生した時に逃げ道がないとMODごと圧力で爆発しちゃいますからね…。

で、後はアトマイザー付けて吸うだけですが、その前にせっかくなので綺麗にしておきましょう。もちろん磨くのは単車乗りの定番ピカールです笑

なんちゅう汚さや!

磨いたチューブとまだ磨いていないボトム部分。この綺麗さの違いです。皆さんも定期的にピカールで磨きましょう笑

性能確認。ハイブリッドの実力

磨いて組み立てたのでMODの性能を試してみたいと思います。

アトマイザーは煙の量が多く、またデッキからのミストの発生を確認しやすいようにTSUNAMI24PLUSを選択。抵抗値は0.51Ω。


バッテリーはSONY VTC5 の下記相当(Mirandus買った時に一緒に購入した電池)

いつものMirundasとの比較ということ、そして今回の抵抗値(0.5Ω)で数秒のテストなので、上記電池を利用しましたが、Mirundusでも低抵抗のアトマイザーを利用する場合等はPegasus Vape Academyのバッテリーを使っています。ハイパワーで爆煙運用される方は電池にも気をつけましょう。

1.Phantom x 510接続の場合

下記の画像の煙まで1秒かからないくらい。0.8秒とか?510接続ですが通電性が素晴らしくいつも利用しているミランダスよりも「あ、早い!」と明確に体感できるほどの立ち上がりの良さです。伝導率99%というサブゼロと同じか、それ以上に厚みのあるチューブ。ショップ店員さんも言っていましたがPhantomのハイパワーな性能と、立ち上がりの速さはかなりのもの、だそうです。実感させていただきました。すごいMODだ!

2.Phantom x ハイブリッド接続の場合

すごく早い!

動画はちょっとコイルを巻きなおした0.3Ωくらいのもので後撮りですが、ボタンがONになった瞬間からミストが立ち上がってくる素早い立ち上がり。もちろん、0.5Ωのコイルのまま行った実験でも0.3秒くらいでミストが上がってくる感じです。510接続でもかなり早いのですが、さらにもう1歩早めたような感じです。Mirandusが悪いわけではないのですが、同じメカニカルMODでも、こんな明確に差が出るとは正直びっくりしました。恐るべし。

ただ、当然ハイブリッド接続ですのでアトマイザーはきちんと吟味した上で利用する必要があったり、アトマイザーなしで電池を入れない、定期的にアトマイザーを外して水滴等のショートさせる要因がないかをチェックするなどきちんとした運用を行えることを前提に使う必要があります。基本は510で、ハイブリッドにするときは十分に注意しましょう。

3.Circle of MOD Mirandus

やはり、細いことや材質がSUSである事(これは関係あるのか?)が影響するためか、下記のミストが立つ状態になるまで1秒くらい?ワンテンポ遅れてミストが立ち上がってくるような感覚です。Phantom x に比べるとやや通電性、立ち上がりに関しては一歩及ばず、といった感じでした。ただ、スマートかつオシャレなデザインと軽いボタンは最高です。24mmアトマイザー乗せると頭でっかちになりますけどね笑。

結論

Phantom X MODは24mm径の大きさと、180Gの重さで扱いやすく、所有欲も満たされるいいMODだと思います。

そしてそれ以上に、510接続でも十分すぎるほどの立ち上がりを見せる通電性の良さ、さらに性能を向上させるためのハイブリッドキャップへの変更が可能なこと、そして24mm径となったことなどから、煙の量や立ち上がりを求める「爆煙」「クラウドチェイサー」「トリック系」の人たちに向いているかなりハイパワーなメカニカルMODじゃないかな。と思いました。

決して安いとは言えないPhantom X MOD ですけれども、おそらくこの先何年にもわたって、ハイパフォーマンスなメカニカルMODとして扱われていくと思えるほど良いものでしたし、実際そうなると思います。

僕もこのPhantom X をオリンピックの後くらいまでガシガシ使い込んで、2020年代に、25歳くらいの可愛い女の子に「すごく渋いオーラのあるMODですね」なんて言われて、そのまま女の子を口説いてみたいものです。モテる渋いオヤジになりたいのです。すいません妄想です。

と、ここまで書きましたが、いかがだったでしょうか!メカニカルMODはそれなりに値段がするものがたくさんありますが、きちんと使えば長い付き合いのできる、「使い込んで味が出てくる」ような「一生モノ」です。自分の感性に合う素敵なMODを長く使い続けていきたいですね。

メカニカルMOD、特にPhantomを検討されている皆さまのお役に立てたら幸いです♪

皆様が良いVAPE Lifeを送れますように!Have a good Smokin’ Life!

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする