美味しい入門RTAがレベルアップ!Wotofo Serpent Altoとminiを比べてみた!

シェアする

初めてのRTAとして、そしてコスパに優れたRTAとして有名なWotofo Serent mini。そのminiのさらにレベルの上がったWotofo Serpent altoを今回は紹介していきたいと思います♪ビルドの易しさから味の濃さまで実際に比較して書いていきます♪

スポンサーリンク
スポンサー1

Wotofo Serpent Altoとminiを比べてみた!

まずケース。serpent miniと大きさは同じです。コンパクトさが伺えます。

内容物は、本体と交換用ガラス、説明書と

工具と各種Oリングやイモネジの予備、リビルド用にコイルとコットンが付属しています。中身はこんな感じ。Serpent miniと内容物は同じですね。

左がmini、右がaltoです。大きさは気持ちaltoが低いかな、といったところ。エアフローはaltoの方がやや広いです。というかminiにリキッド入っててごめんなさい…

ドリップチップもおそらくaltoの細くなっていて濃い味に期待ができますね!

余談ですが、僕はminiに純正より細いドリップチップをつけて味わっています。こんな色なのはたまたま格安で買えたからです笑

次にデッキ。実際にビルドを後述しますが。miniと大きくコイルの固定方法が変わっております。miniも楽で良かったのですが、ミスるとエアフローホールにコイルが接触しショートす、なんてこともあります。今回のAltoではビルドしやすくもそのショートする危険性が低減しています。

そしてエアフロー。miniのボトムからの大きな穴1つに対し、細かく2つ配置して効率良くコイルへエアを供給するとともに、さらに上の写真のセンターポールにあいている穴からも供給する、ボトム×2+センターポールからコイルへのサイドエアフローという同じ空気の量を供給するのにも全体的にバランス良くエアが供給されるので、ミスト量と味の濃さが向上しております。

実際にビルドしてみます。

まずは「Serpent mini」。シングルコイルで良く見られる、S字型配置でワイヤーをサイドから締め込むタイプのデッキです。コイルをジグで押さえながら、位置を合わせて締め込むというビルドしやすいデッキですが、高さを低く配置したり、ドライバーンさせてる最中にセンターのエアフローホールにコイルに接触してしまうと1発ショートです。同様に伸びたワイヤーがチムニーに触れてもショートしますので少し気を使ってビルドする必要があります。

次に「serpent alto」。2ポール式で同方向にワイヤーを挿入するタイプなので、同方向にワイヤーが出るようにコイルを巻くと、高さが異なるので、高さの調整が必要ですが、ビルドは非常に簡単です。特に、miniに比べてエアフローホール上に丁度よく配置するにはaltoの方が簡単でした。高さ方向をセンターポールのエアフローに合わせるのも楽チン。

まあ、こんなもんですかね。どちらも0.9Ωくらいです。

で、実際にウィックをお馴染み(笑)ケンドーコットンで作っていきます。もう僕のブログに毎回出てきますね笑 本当に焦げにくくて使いやすい笑

ざくっとビルド完了。miniもaltoジュースウェルにぴったり付くくらいの長さでOKです。長すぎてチムニーに噛んだり、必要以上にギュウギュウに詰め込む必要はないです。これからコットンをピンセットで整えてリキッドを軽く染み込ませて、再度長さを見ます。

リキッドは中毒患者多数のコニャック系タバコリキッド、Witchers Brew「Black Bird」で味見します。贅沢やー!

ウィックを湿らせて…1回目の染み込みの悪さを見てケンドーコットンだとわかる笑。これが化けるからすごい笑

リキッドはトップフィル方式です。キャップには特に仕掛けはなさそうですね。

右がAlto,miniに比べて少し広くなった気がする。

では実際にリキッド注入!ワクワクすんなー!

ちなみに経験者がいるかもしれませんが…Serpent miniのデッキを組む時になぜか噛み合わせが良くなく、そのまま閉めてしまってリキッドがだだ漏れ…という悲しいことが起きることがあります。デッキのネジの締込みもAltoの方が良くなった気がします。俺の黒鳥…泣

実際に味比べしてみた

Wotofo serpent mini

まず、純正の黒いドリチに戻しました。Black Birdのコニャックの感じやタバコっぽさをきちんと感じられて、味のいいRTAであることは間違いない。評判通りに十分味が出ていると、そう思える味の出方です。ただ、ドリップチップの形状なのか、Altoのほうがより味は濃く感じられました。ドリップチップを細いものに交換して吸うとやや味が濃いめに感じられます。あとは個体差かもしれませんが、デッキとチムニーの締めにくさがあり、適当に締めたら普通にリキッドだだ漏れなので要注意。

Wotofo serpent alto

エアフロー方式の変更と背が低くなった事、そしてドリチが細くなったこともあり、全体として味が濃くなったのは確かに感じられます。Black Birdの一口目がコニャックの香りがminiよりグッとくる感じで、またminiよりもコニャックの香りの裏にあるタバコの香りもしっかり感じられました。 miniのチムニーが閉まりにくい?問題も改善されているような気がします。そして、エアフローがminiよりも大きいので、2/3-1/2くらいで吸うとさらに濃さがよく分かります。エアフローが増えた分、少し高めの出力もminiよりきちんと味が出そうだな。という感じ。ある意味NectarのようなRDTAに近い方向に味が濃くなったと思います。

いかがだったでしょう。もともと評判の高い「Serpent mini」。僕もずっと使っていて満足でしたが、その正統派の後継「Serpent alto」はさらにビルドから味の出方まで改良された素晴らしいRTAでした!

特にRBA初心者の方にはシングルビルドで味の良いRTAなのでオススメです♪KayfunとNectar買った後も、散歩や飲み会で持ち歩くのはSerpent altoだったりするので中級者になった後でも長く使えます♪

みなさんが美味しくvapeできる参考になれば幸いです♪

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする