お手頃CCW/CCT付きコンパクトMOD!Veporesso Tarot nanoがすごい!

シェアする

いやーオフィスエッジさんで面白い製品を見つけて、久しぶりにテクニカルMODを購入してしまいました♪iStick pikoがありつつも何故、またテクニカルMODを買ったのか?そのコンパクトながら高機能な「VEPORESSO Tarot Nano」を紹介します♪

スポンサーリンク
スポンサー1

コンパクトで高機能!Tarot Nanoが素晴らしい

特筆すべきはCCW/CCT機能

まず、ざっくり外観。コンパクトで、6000円程度です。

「最大80Wの出力」
「2500mahの内蔵バッテリー」
「USB充電」

ここら辺は、iStick pikoや適当な入門機と変わりませんが。

なんと「CCW、CCT」の機能がついているのです!!

CCW (Customized Curve of wattage)ではW出力を0.5秒単位で5秒間調整しながら出力する機能、 CCT (Customized Curve of temperature)では、温度を0.5秒単位で5秒間調整しながら出力する機能です。

何が嬉しいかというと、例えば、皆さんも経験があるかと思うのですが太いワイヤーや、クラプトンを始めとする加工ワイヤーを利用した時に、「30Wくらいで吸いたいけど、全然立ち上がらない…」ということがあると思います。そんな時に、このCCW機能を利用すると、「最初の0.5秒80W、次の0.5秒は70W、1秒で立ち上がったら、45W,35W,30Wと下げて、希望の出力でミストを味わう。」という運用が可能になり、「デュアルのクラプトンだから、80Wでガッと吸って終わり」ではなくて「立ち上がりだけ早くして、中程度の出力で美味しく楽しむ。」ことが可能になります。

内容物はマイクロUSBケーブルと、保証書、説明書、そしてMOD本体です。

大きさもiStick Pikoと同じくらい。ただ、電池の出っ張りがないので24mm径のアトマイザーもきちんと収まります!

高さもあんまり変わらないですね。でも、なんとなくですが、Tarot nanoの方が小さく感じます。

説明書は英語です。でも難解な英語もないですし、基本操作はこのブログで書いて有ります笑。

実際に操作してみる

まず、上のファイアボタンを5回押しで、電源のON/OFFです。初回はWattageモードです。画面下の左右のボタンを押すことでWattageや温度を上下できます。

そして、一番下のボタンを2秒ほど長押しするとモードが変わります。温度管理はNickel,titanium,NiFe.SSとM1,M2という設定できるモード。

そして、擬似メカニカル風の「ByPass」モード。

そして、Wモードか各種温度管理モードの時に一番下のボタンを3回押すと、VWと出力カーブ機能のCCW(温度管理はCCT)が選べます。一番下のボタンを押すと選択が切り替わり、長押しで決定。

最初はこんな30W一定の棒グラフが0.5秒刻みに表示されますので左右ボタンで数値を上下させ、下ボタンで次の0.5秒へ切り替わります。

じゃん、俺’s クラプトンコイルのGOON LP立ち上がり改善カーブ!(超適当)。最初の0.5秒、1秒くらいまで75Wとか70Wかけて2秒くらいで30Wくらいまで落とすという。立ち上がり改善セッティング。正直これをいじるだけでも面白い笑

で、実際にアトマイザーつけてみます。

ちなみに、アトマイザーを付け替えたり、付け直したりすると、抵抗値を読み直すかどうかを聞いてきます。

早速、立ち上がりの悪いクラプトンコイルのGOON LPで、実際にCCWモードでどんな効果があるかというと…

まずは、通常のWattageモードで30Wです。

次に、0.5秒毎に75W、65W、50W、35W、30Wと下げた場場合。

明らかに立ち上がりが違う!

当然クールダウンさせた状態から冷感始動したのにこの立ち上がりの違い!!!

これですよコレ!

Tesla two subやistick Piko, Aster,CoolFire,いろんなテクニカルMODが使いやすく、価格も抑えて販売されているけれど、このVaporesso Tarot Nanoは同じ価格帯とコンパクトさで唯一CCW/CCT機能がついてるんです。
CCW機能がついた有名どころといえば、Asmodasのminikin V2か同じVaporessoのTarot proと、どちらも1万数千円(Vaporessoが少し安い)で、デュアルバッテリーで、160とか180W出ておっきいっていう、ちょっと、中級者以上の人が、出力とかその調整目的で買うような物でしかCCWはなかったんですよね。そこでこのiStick pikoサイズでバッテリー内蔵という気軽なMODで価格もだいぶ安くてCCWがついているというtarot Nanoは貴重でありがたい存在です。

で、オフィスエッジ見てて買ってしまったという笑。

24mmが普通に乗る喜び。特に邪魔するものがないから25mmものせられちゃう!

後ろから充電。最大80Wの出力で2500mahだけど、そんな高出力多用しないから結構電池持ちます♪

とても高級感のあるmicroUSB笑

と、こんな感じの「Veporesso Tarot Nano」です。クラプトンワイヤーは結構人気があって、僕自身もよく使うけど立ち上がりが悪いんですよね…それでPraxis VaporsのDECIMUSとか買って、150とか200W出るようなMODで吸っていたのですが、このCCWは本当に素晴らしい!今まで80Wでガツンと吸うことしかできなかったクラプトンワイヤーが、まるで26GのカンタルワイヤーのコイルのRTAと同じような、ゆるいミストの吸い方ができてしまいます。

もし、

  • 立ち上がりの悪いワイヤーで悩んでいる
  • 常時80Wや100Wで吸うのはきつい
  • クラプトンワイヤーでゆるい吸い方をしてみたい

なんて、方はもしかするとCCW/CCT機能を持つMODがすごく楽しめるかもしれませんね♪僕自身も一番良い感じにGOONのクラプトンを美味しく吸えるカーブを研究中です笑

用途にもよるかもしれませんが、中級者以上の方で本気で爆煙を!とかを重視するならminikinかTarot proのがいいかもしれませんが、僕は普段使いのコンパクトなもので、出力がそこまでいらなかったのでtarot nanoにしちゃいました♪まあでも買って大正解でした。普通にiStickの代わりにもなるし、RDAのクラプトンをちょっと吸いたい時にはCCWで美味しく吸えるし!CCW持ってない人には是非オススメです♪

minikin V2とproも高出力MODがない方にはオススメです。なんだかんだ回りもMinikinV2やルーローとかデュアルバッテリーは1つは持ってます。電池1本で80Wが限界だと思います。なので大概「爆煙」的な時は100W-110Wは最低でも出るMODを持つ人が多いですね。

いかがでしょうか。CCW、僕も初めて使いましたがかなりハマりそうな良い機能でした!みなさんの参考になれば幸いです♪

CCW/CCTで美味しいミストを!

では、Godspeed you!

スポンサーリンク
スポンサー1
スポンサー1

シェアする

フォローする